メーカーの特徴と選び方

各メーカーの特徴

東芝
世界最高水準の「住宅用太陽電池モジュール」を採用した太陽光発電システムで、従来のものに比べると発電量が多く省スペース化が 図れ、同じ面積の屋根に設置した場合の比較が約40%も差が出るなど劇的な結果が算出したシミュレータにより示されました。
パナソニック(三洋)
パナソニックオリジナル技術のHIT太陽電池モジュールは安定した国内技術で信頼性の獲得と高い発電力のキープで、2009年には「日経地域環境技術賞」を受賞するなど、高い評価を得ています。
三菱
三菱は2010年に新開発の4本バスバー電極セルを発売。
従来の2本バスバーに比べると電極の距離が短いため、少ない抵抗でエネルギーロスを削減、エネルギーロスが少ないということはその分効率よく電力を使用できるということです。
サンテックパワー
2010年度に太陽光発電モジュールの生産量で世界第1位となったサンテックパワーはその大きな発電力も魅力ですが、25年の出力保証で大きな安心も獲得したメーカーです。
カナディアンソーラー
他のメーカーに比べると出力は劣るものの、サンテックパワー同様に25年の出力保証が付き、さらに10年間のシステム保証付きという、長く使うソーラーパネルにとって安心できるサービスとなっております。またモジュール以外を日本国内のメーカー製品を使用、生産ラインも日本で行うことにより高精度な商品として安心と共に出荷しています。
ソーラーフロンティア
ソーラーフロンティアの新世代ソーラーパネル「CIS太陽電池」は、銅・インジウム・セレンの頭文字から取った独自技術で薄膜系太陽電池の中でもかなりの変換効率をたたき出しています。
安定した高変換は年間を通して大きな発電量の差を生み出します。
シャープ
50年以上太陽光電池と向き合ってきたシャープは単結晶のBLACKSOLARを独自開発し、表面に電極の無い高効率なエネルギー収集を可能にし、さらにルーフィット設計によりサイズの異なるモジュールを組み合わせて本来設置し難かった三角形の形状にも対応、屋根の面積を無駄なく使うことができます。
京セラ
約1年間にわたり連続した試験を行う総合的な太陽電池性能品質テストの「長期連続試験」に2011年1月に世界で初めて認証されたのが京セラの太陽光電池です。
高い信頼性と共に屋根の様々な形状に対応すべく、SAMURAI(サムライ)ECONOROOTS(エコノルーツ)HEYBAN(ヘイバーン)という3つの設置形状で提案できるシステムを採用しています。

選び方のポイント

選び方のポイント

効率の単結晶・価格の多結晶・屋根いっぱいにCIS、やはり自分の家で実際使っている光熱費・屋根面積を考えて効率なのか、そこまで発電がいらないと考えて価格なのか?皆様の判断になります。
もちろん好みのメーカーと言う考えもOKです。
1.屋根に基本的に何枚乗るのか?
2.その枚数で賄ったり売電に至るのか?
3.価格・費用対効果は合っているのか?
上記の3つが基本的に重要になります。
業者はそれをサポートする為に存在します。
お気軽に業者に質問してみてください。

担当者

担当者
太陽光システム・オール電化プランナー
野澤 秀樹
ラーメン好き 個人担当件数は500棟
褒められると伸びるタイプ
自分の家に導入する気持ちでお客様に本音でメリット・デメリットのお話しています。
太陽光システム・オール電化・蓄電池プランナー
佐藤 義昭
ラーメン好き 個人担当件数は500棟
こちらもラーメン好き 個人担当件数は300棟以上
細かいデータ分析と分かりやすい説明で好評を頂いております。
太陽光発電システム・オール電化アドバイザー
宮下 圭祐
期待の新人です!ベビーフェイスには似合わない根性とやる気が魅力です。

【ご相談・お問い合わせはこちらからお電話ください】 TEL 0120-418-033

PAGE TOP

Information

Information

株式会社マックス・エス
〒192-0056
東京都八王子市追分町7-9
グランエスト八王子3F
太陽光発電の業者選びを考えることで
日々の支出を抑えることができるかもしれません
営業時間 9:00~20:00
定休日 水曜日

TEL 0120-418-033